読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい節約料理のススメ

節約夫婦の簡単節約料理や節約術を気ままにつづります

【節約】自動車保険が格段に安くなる!!良質4サイトをまとめてみた!

おすすめ まとめ記事 番外編 節約術 節約生活 簡単

にほんブログ村 節約料理

おかげさまで、このブログへのアクセス数が21万アクセスを超えました。これからも、節約情報を提供してゆきますので、よろしくお願いします。今日は、自動車保険でガッツリ節約する具体的な方法や筆者が利用している便利サイト4つをご紹介します。

2017年1月20日更新

f:id:setsuyakufufu:20160312165233p:plain

1. 定期的に見直すワケ

自動車保険を、定期的に見直すことが節約には欠かせません。なぜでしょうか。

 

1. 年齢が変わるから

当たり前のことですが、毎年、1歳年を取ります。ほとんどの保険会社は、年齢が上がると保険料を下げるという設定があります。たとえば年齢条件を変えるだけで、保険料が半額から3分の1になるという試算もあります。

 

もし、毎年、習慣的に保険を更新しているなら、不要な保険料を払い続けることになってしまいます。それで、ご自分の加入している保険が、適正な年齢条件に設定しているかをしっかり見直す必要があります。

 

2. 自動車の状態が変わるから

自動車の価値は、年々下がります。ですから、車両保険をつけたままにしておくと、保険料が高くなってしまうことがあります。それで、ご自分の自動車の価値に見合った保険を選択することは大切です。

 

あるいは、車を乗り換え、新車になるかもしれません。そうなると、必然的に車両保険に加入するかを再考することが必須となります。

 

3. 免許証の色が変わることがあるから

当然のことですが、長年安全運転をしてゴールド免許を取得している方と、免許取りたてのグリーン免許を持っている方とでは、事故に遭うリスクが変わります。

 

例えば、免許の色がゴールドに変わったという方は、客観的に見て事故に遭うリスクも変わった(低くなった)ということになります。保険会社によっては、免許の色によって保険料が大幅に変わることがありますので、見直しが大切です。

 

4. 活動範囲が変わるから

転職や移転によって、これまでの活動範囲と現在の活動範囲が変わったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうなると、年間走行距離も変わってきます。保険会社によっては、走行距離が少ないドライバーに有利な保険を提供している場合もありますから、ご自分の現在の状況を保険にも反映させることは大切です。

 

5. 住所が変わる場合があるから

都道府県によって、保険料が変わることがあります。たとえば、愛知県、岐阜県、北海道は保険料が高くなる傾向にあります。一方、沖縄県岩手県島根県は保険料が安くなる傾向にあります。

 

都道府県によって、道路の広さ、事故の発生件数、交通量、気候条件などが大きくことなります。例えば、雪の多い地方では、冬になるとスリップ事故が発生する可能性が高くなります。それで、温かい地方よりも事故リスクが高まります。

 

事故リスクが高まれば、保険料も上がるというわけです。逆に、事故リスクの低い都道府県に移転した場合は、保険料も下がる可能性があります。ですから、住所が変わった場合は、保険の種類や保険会社を見直すことが大切です。

 

2. 相場を知るべき理由

昨年契約した保険会社が、今年も自分にピッタリの保険会社であるとは言えません。上述のように、状況は以前とは違っているからです。それで、習慣的に保険を更新し続けてゆくなら、不要な保険に加入し続けてしまう可能性があります。

 

そもそも自分が加入している保険が高いのか、安いのかを知ることは大切です。納得した上で、更新するなら良いですが、相場を知らないで更新し続けてゆくなら、家計に大きなダメージを与えかねません。

 

3. 自動車保険で得する秘訣とは

とは言っても、何十社もある保険会社で一つ一つ見積もりを取るのは現実的ではありません。そこで、一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。

 

筆者も毎年いろいろな無料サイトで自動車保険の一括見積もりをしています。たとえば、今年は、保証内容は昨年と同様で、保険料が一年間で9,000円も安くなりました。そして、楽天市場で使用できる1,111円分のポイントも獲得しました

 

一括見積もりを行なうと、場合によっては、50,000円以上も安くなることもあります。見積もりを行なわないで、毎年更新していると、かなり損することになります。ですから筆者は、少し面倒でも、毎年、保険を見直すようにしています。

 

4. 見積もりに必要なもの

1. 車検証

2. 免許証

3. 現在加入している保険証書(新規の場合は不要です)

 

5. 筆者が利用している無料一括見積もりサイト

1. インズウェブ

利用者が800万人いる大手のサイトです。一括して最大20社の見積もりが最短5分できます。ちなみに筆者は、7分ほどで見積もりが出ました。

f:id:setsuyakufufu:20160130172051p:plain

 

保険会社各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。もちろんサービスはすべて無料です。一番多くの保険会社を一度に比較することができるため、相場を知るためにも利用必須のサイトです。

 

こちらから見積もりできます。

 

 

2. 楽天 

言わずと知れた、楽天市場での一括見積もりサイトです。ここで見積もりをして、楽天ポイント1,111ポイント(1,111円分のポイント)をゲットしました。

f:id:setsuyakufufu:20160312162217p:plain

 

サイトには、「最短3分」と書かれていますが、わたしは4分ほどで見積もりできました。楽天は、最大8社の比較ができます。

 

正直なところ、わたしの場合、楽天での一括見積もりでは、インズウェブほどは安くなりませんでしたが、楽天ポイントがもらえましたので、おすすめです。もちろん無料ですので、見積もりをすると良いサイトです。

 

こちらから見積もりできます。

 注意事項: プレゼント特典は上記のバナーから必ずアクセスしてください。他のサイトのバナーからアクセスしたり、Google検索から見積もりをすると、上記のプレゼント特典がもらえない可能性がありますので、ご注意ください。

 

3. 比較.com

このサイトでは、最大8社の見積もりが一括でできます。「最短5分」とサイトには書かれており、わたしは約6分ほどで見積もりがでました。他の一括サイトでは比較できない保険会社もありますので、このサイトでも見積もりを取ると良いと思います。

 

こちらから見積もりできます。

 

 

4. NTTif (NTTイフ)

筆者が、最終的に契約したサイトです。読者の皆さんもご存知のあの「NTT」の一括見積もりサイトです。

 

上記3つの一括サイトで比較し、ここの見積もりが一番安く色々な特典がありましたので、ここに決めました。(筆者の場合は、このサイトが一番安くなりましたが、自動車の種類、保証内容、年齢などによって変わってくると思います。)

 

NTTイフを通して契約すると、 無料弁護士相談レジャー優待などの、他の一括サイトにはない特典がついてきます。もちろん、追加料金などはかかりませんでした。

 

そして、このサイト限定で、図書カード2,000円分などのプレゼントもありますよ。

 

NTTイフの見積もりはこちらからできます。

 

 

まとめ

この機会に自動車保険を見直して、賢く節約してみてはいかがでしょうか。今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります。

 

ただいま、ブログ初心者の「節約夫婦」は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければうれしいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑

 

最近のおすすめ記事

 

 

ブログランキングに参加中

一日一回”ポチッ”と応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

この記事で紹介した見積もりサイト

 

一番多くの保険会社を一度に比較することができます。

 

 

楽天ポイントがもらえますので、おすすめです。

 注意事項: プレゼント特典は上記のバナーから必ずアクセスしてください。

 

他の一括サイトでは比較できない保険会社もあります。

 

 

わたしが、契約したサイトです。このサイトで契約すると無料で様々な特典が付きます。

 

 

気に入っていただければ、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓