おいしい節約料理のススメ

節約夫婦の簡単節約料理や節約術を気ままにつづります

【ビーズクッション】MOGUのシットジョイのおすすめの使い方は?徹底レビュー!

ブログランキング・にほんブログ村へブログ村 ブログランキングへ

f:id:setsuyakufufu:20200904182451p:plain

 

皆さんこんにちは。今回初めて使用した「MOGU」のクッションをご紹介したいと思います。

「MOGUストア」には多くの商品がありますが,わたしは「シットジョイ」を選びました。

 

公式サイトは,こちらです。

MOGUストア(公式サイト)

公式サイト:https://mogustore.jp

 

「MOGUシットジョイ」を選んだ理由とは?

わたしは,座っている時の姿勢があまり良くなく,同じ姿勢でずっと座っているのも苦手なんです。

 

筋肉がないのか,体に椅子があっていないのか,わかりませんが,改善したいと思っていました。MOGUの商品の中で,「シットジョイ」は,「おしりと背中を支えて背筋が伸びる」とのこと。魅力的ですよね!

 

「MOGUシットジョイ」を使用した感想は?

実際に届いた商品はこちらです。

f:id:setsuyakufufu:20200904180307j:plain
ビニールの袋に椅子のような形のクッションと,使い方の参考になる写真が入っています。

裏はこんな感じです。

f:id:setsuyakufufu:20200904180325j:plain
袋から出しました。

 

この置き方は,床に置いて座る時に良いようです。

f:id:setsuyakufufu:20200904180446j:plain

部屋の中で,背もたれになるような壁に,このシットジョイを沿わせて座る方法です。

また昼寝用のまくらとしても,この形で使用できます。

f:id:setsuyakufufu:20200904180420j:plain
これは,横から見たものです。

 

シットジョイを床に置いて,体をうつ伏せにし,顎(あご)をシットジョイの1番上の部分に乗せます。腕はシットジョイの横で床につきます。

 

この体勢だと,首や背中やひじの痛みを軽減しながら,スマホや,読書ができそうです。

 

MOGUの気になる感触は?生地と,中身は?

我が家のシットジョイの生地は,キレイなライトグリーンですが,レッド,ネイビーの3色から選べます。写真をご覧になってわかるように,2種類の生地が使われています。どちらも伸縮性がとても良く,肌触りもいい感じです。

 

特に体に接する面の生地は,綿が89%入っているそうです。ほんの少し張りが強い感じがしました。絶妙なフィット感で,沈みすぎないで体を支えます。

 

中には,発泡ビーズが入っています。少しつまんで確認すると,この発泡ビーズはとても細かいですね。調べてみたら,「直径1ミリ以下の大きさ」だそうです。

 

よくある他のビーズクッションより,かなり発泡ビーズの量が多く入っている気がします。だから形もこの立体を保っているのかな…とわたしは分析しました。

 

「MOGUシットジョイ」のオススメの使い方は?

色々な使い方ができますが,個人的な感想では,特にこの様に頭を乗せて昼寝をすると,頭がしっかり包み込まれて気持ちがいいです!(下の写真参照)

f:id:setsuyakufufu:20200904180518j:plain
頭の大きさや形は人それぞれ違いますが,中の発泡ビーズが,凹んでいる首の辺りに動いて,フィットするので,安定感がすごく良いです。一瞬で首から肩の形に合わせてくれるので,とにかく,しっくりきました。

 

もっと頭を上にずらして使う方法もあるみたいです。それぞれのお好みですね。

f:id:setsuyakufufu:20200904180535j:plain
 

まとめ

「MOGUストア」を見ると,たくさん種類がありますよね。生活スタイルに合わせて,ぴったり合うクッションを選ぶと良いと思います。

 

他にもウェアや,ぬいぐるみ,介護用品もあります。リラックスするために役立ってくれると思いますよ!

 

公式ホームページはこちらです。

MOGUストア(公式サイト)

公式サイト:https://mogustore.jp

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります。

 

 

最近のおすすめ記事

 

 

 

ブログランキングに参加中

一日一回”ポチッ”と応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へブログ村 ブログランキングへ

 

気に入っていただければ、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。