おいしい節約料理のススメ

節約夫婦の簡単節約料理や節約術を気ままにつづります

超お得!無料で水族館の裏側を探検する方法|アクアワールド

ブログランキング・にほんブログ村へブログ村 ブログランキングへ

  

アクアワールド(茨城県大洗水族館)へ行ってきた

以前にもお伝えしましたが、「節約夫婦」は、レジャーにはあまりお金をかけていません。…が、最近、友人夫婦が水族館の無料券をプレゼントしてくださいました。それで早速、アクアワールド(茨城県大洗水族館)に行ってきました。

 

水族館のチケットをプレゼント…なんて、”粋(いき)”ですよね。夫婦で大喜びしました。

 

アクアワールドは駐車場が無料

まず、アクアワールドに行って驚いたのが、駐車場が無料ということです。

 

東京ディズニーランドやディズニーシーなどのディズニーリゾートは、平日だと2,500円、土日祝日だと3,000円かかりますよね。ユニバーサルスタジオジャパンは、平日2,200円、繁忙日は3,000円です。駐車料金が安いハウステンボスでも一回800円かかります。「節約生活」を心がけているわたしたちにとって、駐車場代は見過ごすことのできない出費です…。

 

そう考えると、アクアワールドの駐車場が無料だと知ったとき「節約夫婦」のうれしさは、ご想像いただけると思います。

 

当日は雨天だったのですが、館内は7階建てで、ほとんどを室内で楽しめるので、雨にはぬれませんでした。

 

f:id:setsuyakufufu:20151103113549j:plain

 

唯一屋外だったのは、「ペンギン、アシカ、カピパラ」のいる「屋外ゾーン」と言われるところだけです。それ以外は、大人気の「イルカ・アシカオーシャンライブ」を含め、すべて室内で楽しめます。

 

アクアワールドのこんなところがすごい!

これまで色々な水族館に行ってきましたが、アクアワールドの良いところは、飼育員や解説員の方たちと直接会話ができることです。

 

たとえば、魚たちのお食事タイムには、質問コーナーがあり、何でも尋ねることができます。「節約夫婦」もここぞとばかり、幾つも質問してみましたが、何でも答えてくれました。えさを与えている飼育員は、マイクを持っていて、お客さんの質問に直接答えてくれるんです。

 

また、「アクアウォッチング」というイベントでは、水槽に水中カメラを持ったダイバーが潜って、魚たちを紹介してくれるんです。で、潜っているダイバーさんとお話することもできるんです。

f:id:setsuyakufufu:20151103113439j:plain

ダイバーさんが、どんな質問にも的確に答えている様子に感動しました。すごい知識量だな…と感じました。

 

アクアワールドの水族館探検ツアーに参加してみた

そして、アクアワールドのもう1つの良いところは、無料で「水族館探検ツアー」に参加できることです。これは、見なきゃ損です。見る価値があります。

 

アクアワールドでは、いつもは入れない水族館の裏側を体験できるツアーを水族館探検ツアー」と呼んでいます。

 

このツアーがいかにお得かということは、他の水族館を例に取るとお分かりいただけると思います。

 

例えば、ダイナミックなシャチのショーで有名な千葉県の「鴨川シーワールド」でも、「水族館まるごとウォッチング」という同じような企画があります。ただ、こちらは、一名当たり1,000円かかります。

 

また、神奈川県にある「新江ノ島水族館」にも、「えのすいバックヤードツアー」というツアーがありますが、こちらも入場料の他に700円かかります。(えのすいバックヤードツアーは期間限定です。)

 

こう考えると、アクアワールドの「水族館探検ツアー」に無料で参加できるのはすごいですよね。

 

このツアーは、一日3回、開催されています。各回の定員は15名で先着順です。

 

開館が9時なのですが、「節約夫婦」は10時ごろに到着しました。まず、館内に入ると「総合案内」というブースが目に入ります。その「総合案内」で無料の「水族館探検ツアー」に申し込むわけです。

 

予定では、最初の回、10時40分のツアーに申し込みたかったのですが。すでに1回目と2回目のツアーは定員となっていました。それで、最後の3回目の15時からのツアーに申し込みました。

 

申込書には、自分の名前、都道府県名および年齢を記入します。

 

そうすると、案内の係の方が、ツアーの集合場所とツアーバッジを渡してくれます。

 

f:id:setsuyakufufu:20151103113032j:plain

 

集合時間に集合場所に行くと、早速、ツアーが始まります。

 

f:id:setsuyakufufu:20151103113217j:plain

 

写真をバンバン撮影して、ブログに載せようと意気込んでいたのですが、バッジの裏側には、注意書きが書かれており、「写真撮影は禁止」でした…。残念…。

 

f:id:setsuyakufufu:20151103113049j:plain

 

ツアーの内容ですが、まず靴を長靴に履き替えるところから始まります。そして、案内係の方の声が良く聞こえるように、無線機とイヤホンを貸してくれます。15名全員に声が聞こえるように、細やかな気配りがなされています。

 

そして、大きな水槽の横まで案内してくれ、魚たちにえさを与えている様子を見せてくれます。マンボウにえさを与えている様子も水槽の上から見せてもらえました。

 

そして、なんと、水槽の真上にある通路にも行くことができるんです。足下はアミアミになっていて、真下に魚や大きなカメが泳いでいるのを見る事ができるんです。

 

サメの水槽の横では、サメの生態の説明をしてくれた後、実際にサメの「歯」を触らせてくれました。

 

それから、水族館の人気者のイルカのプールにも案内してもらえます。イルカの水槽に近づくときには、長靴をしっかり消毒します。キチンとしていますね。消毒を終えると、すぐ目の前にイルカたちが泳いでいるプールに近づけるんです。イルカの飼育員の方が直接飼育方法などを説明してくれます。「質問コーナー」があり、丁寧に質問に答えてくれました。

 

ツアーは50分間なのですが、本当に楽しく、ワクワクしました。15名の中には、2才ぐらいの小さなお子さんもいらっしゃったので、子ども連れの方も参加できます。(お子さん連れの方は、お子さんがプールに落ちないように注意が必要ですが…。)

 

本当は、ツアーの様子を写真でお見せしたかったのですが…。でも安全を考えると、もっともだと思いました。すぐわきには、たくさんのサメたちも泳いでいましたからね。写真を撮ることに気をとられてプールに落ちたら最悪です。

 

というワケで、子どもはもちろん、大人も最高に楽しめる「水族館の裏側を探検するツアー」に無料で参加してきました。

 

ぜひご自分の目で、このツアーに参加してみてください。本当にオススメですよ。

 

なお,この記事は2015年に書いたものですので,今は少し変わっているかもしれません。どうぞ,ご了承ください。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります。

 

最近のおすすめ記事 

 

 

ブログランキングに参加中

一日一回”ポチッ”と応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へブログ村 ブログランキングへ

 

気に入っていただければ、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。