読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい節約料理のススメ

節約夫婦の簡単節約料理や節約術を気ままにつづります

【読むだけで差がつく】文章力が劇的に向上する良質記事・良書をまとめてみた‼︎

まとめ記事 番外編 おすすめ

にほんブログ村 節約料理

                                                                                                            2016年6月5日更新

わたしは、仕事柄、毎日、文章を書いています。そんな筆者が参考にしている良質な記事だけをまとめました。また、文章力を上げるために参考なる良書もご紹介します。

f:id:setsuyakufufu:20160417194358j:plain

新入社員でもできる‼︎メールの文章力を高める方法

そもそも知っておきたいのは、ビジネスメールのルールでしょう。このサイトには、実に詳しく注意点が載せられています。メールの例文がたくさんあるので、とても参考になります。

 

新入社員などで、ほとんどビジネスメールを利用したことのない方には、メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールという本がおすすめです。

 

いつも使うけど、きちんと教わることのなかった「恥ずかしくないメールの書き方、送り方」が詳しく書かれています。また「メールは1往復半で終える」、「用件が2つあるなら件名も2つ」など仕事のできる人がやっている、短く、わかりやすく、見やすいメールが書ける77のルールを「良い文例・悪い文例」を対比する構成で紹介されています。

 

巻末の「よく使うメールのひな型集」「よく使うメールのフレーズ集」もすぐに仕事で使えます。即効性満点の1冊です。特に、ビジネスメール初心者の方におすすめです。こちらから、本の試し読みできます。(「なか見!検索」をクリックすると読むことができます。)

 

 読みやす文章を書くには?

読者にしっかり理解してもらうために、どのように文章を書くべきか、その技法がしっかりとまとめられた良記事です。5,000以上のブックマークが付いていますね。

 

読みやすい文章に、「」『』()【】などがあります。筆者自身、意外とよく分かっていなかったことがありましたが、この記事でしっかり理解できました。

 

「文書の全体構成を組み立てられるようにする」、「文章表現の基本ルールをマスターする」というふたつの視点でまとめられた記事です。

 

プロっぽい文章を書くには?

短い記事ですが、核心をついた8つの法則がまとめられています。小説家のご意見ですから、とても参考になります。

 

宣伝会議のコピーライター養成講座の特別体験講座を受講された筆者のまとめ記事です。ブックマークが2,000以上ついていますね。

 

ぜひマスターしたいテクニックが満載です。

その他の良記事

直接、文章力とは関係ないかもしれませんが、読まれる文章の”原則”が分かりやすくまとめられていますので、とても参考になる記事です。

 

● 「シンプルな文章の書き方」 ― 読まれなかった文章をカイゼンしてわかったこと : earth in us.

シンプルな文章を書くための5つのポイントがしっかり抑えられています。 ブックマーク2,600以上の良記事です。

 

● 文章のプロ直伝!素人でもプロ並に書けるようになる5つのテクニック

上手な文章を書くための秘訣が5つのポイントにまとめられた記事です。ブックマークが1,400以上ついています。

 

● 驚くほど違う→あなたの文章を最適化するたった4つのルール 読書猿Classic: between / beyond readers

 文章が分かりにくくなる4つの原因と分かりやすい文章を書くための4つの最適化の方法が記された記事です。ブックマークが2,400以上ついている良記事です。

 

 文章力向上のために役立つ4冊の良書

1、1分間文章術

 

作者”石井流”相手の心を引きつける文章の書き方のコツが解説されています。この本で解説されているコツを実践すれば、だれでも読み手の興味を引く文章が1分で書けるようになる…はず。

 

練習すればだれでも文章は上手くなりますよね。ただ、なかなか「練習」できるものではありません。この本によると、最速で上達する方法が、毎日1分の書き写しトレーニングというものです。その具体的なやり方と文章術がまとめられています。

 

何か適当なことを書いておいて、それをあとで直していくという過程を経て、最終的にいい文章ができあがります。

 

というわけで、わたしもブログの記事を書いたなら、少し時間を置いて、もう一度見直すようにしています。「あとで直す」わけです。 

2、「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術

この記事を読んでおられる読者の中にも、「自分が思っていることを、上手に相手に伝えられない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。何を隠そう、わたしもその一人でした。

 

そんな人におすすめの本が「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術ですわたしも、いつも箇条書きにして文章を考えています。また、やることリスト(TODOリスト)を作る際にも応用しています。(「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術は、Amazonの「なか見!検索」で数ページ閲覧することができます。)

 

3、文章力の基本

サブタイトルは、「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック」です。「こういう部分を改善すると文章が上手になる」という77個のテクニックが詳しく書かれています。この本は、27万部売れたロングセラーです。

 

この本の、「普段の言葉使いが文章にも影響する」という部分が興味深かったです。現代語を文にすると「文章が曖昧な物になってしまう」といった、普段の話し言葉と文章との関わりを分かりやすく、簡潔にまとめた内容です。(文章力の基本は、Amazonの「なか見!検索」で数ページ閲覧することができます。)

 

文章力の基本の基本は、文章力の基本の77のテクニックを、さらに「これだけは大事な33のルール」に絞り込んで、読みやすくしたエッセンシャル版です。(文章力の基本の基本Amazonの「なか見!検索」で数ページ閲覧することができます。)

 

4、しっかり!まとまった!文章を書く

何かを「書いてほしい」と依頼されることがあります。でも、そんなとき、「そもそも書くべきことが見つからない」ということはないでしょうか。また、学生であれば作文、会社員であれば報告書(書きたくないですが始末書など)を書く機会があります。

 

しっかり!まとまった!文章を書くでは、「文章をつないで書いていく方法」を具体的に解説していますので、参考になります。たとえば、「東京で食べたランチがおいしかった」ということを書きたいなら、「なぜおいしかったのか」、「どうしてその店にいったのか」といった、「どうして」や「なぜ」を掘り下げる方法が解説されていました。(しっかり!まとまった!文章を書くAmazonの「なか見!検索」で数ページ閲覧することができます。)

 

まとめ

昨年も同様の記事を書かせていただきましたが、内容を調整し、より最新の記事をまとめさせていただきました。

 

このまとめ記事が、少しでも、読者の皆様のお役に立つことを希望します。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります。

 

ただいま、ブログ初心者の「節約夫婦」は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければうれしいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑

 

最近のおすすめ記事 

 

 

ブログランキングに参加中

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

この記事で紹介した良書まとめ

 

気に入っていただければ、ブックマークツイートなどしていただければうれしいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓