おいしい節約料理のススメ

節約夫婦の簡単節約料理や節約術を気ままにつづります

【明日の話題に】11月16日は「コカ・コーラ」ボトル誕生の日

明日は何の日?

 

みなさん。こんにちは。「節約夫婦」です。

 

突然ですが、明日、11月16日が何の日かご存知でしょうか。

 

実は、明日は、コカコーラのガラスボトル誕生の日なんです。

 

みなさんがよく知っている「コカ・コーラ」のあのガラス製のボトルが明日、11月16日で100歳を迎えるそうです。2015年は「コカ・コーラ」ボトルの100周年なんですね。

 

 

コカ・コーラ」のガラスボトルの形の秘密

ところで、なぜ「コカ・コーラ」のガラスのボトルはあの形なのでしょうか?

100周年記念50’S風レトロパッケージコカ・コーラ250ml×3本

  

だれもが、中身が入っていない、空のガラスボトルを見ても、それがコカ・コーラ」だと分かりますよね。

 

北海道限定!レトロケース付コカコーラ190ml 24本入

 

なぜ、あの独特のフォルムなのでしょうか。ちゃんと理由があるんです。

 

「コカ・コーラ」は、1886年に誕生した当初、ソーダファウンテン(薬局と喫茶店、お菓子屋をひとつにした当時の独特の店)でグラス売りされていました。その後びん詰めで販売されるようになりました。

 

そこからさらにビジネスの可能性が広がり、いつでもどこでも「コカ・コーラ」を飲まれれるようになりました。

 

しかし、問題が生じました。

 

人々の生活の一部に欠かせないものとなっていく一方、模倣品が増えたのです。そのため、1915年に「暗闇で触っても地面で砕け散っていても『コカ・コーラ』のボトルだとわかるもの」をコンセプトに、新しい形状のボトルが開発されました。

 

それが、100年前の11月16日だったわけですね。


この日から “コンツアーボトル”と呼ばれるガラス製の「コカ・コーラ」ボトルが利用されるようになりました。“コンツアー(Contour)”とは「輪郭」の意味で、「コカ・コーラ」でいう“コンツアー”とは、“「コカ・コーラ」独特の曲線や形状を表す輪郭・姿”のことだそうです。


誕生から100年経った今でも、「コカ・コーラ」を象徴する“コンツアーボトル”の形はほぼ変わっていませんよね。

 

そして、暗闇で触っただけでわかる曲線を描いた輪郭は、その後導入されたボトルで継承されているわけです。

 

「暗闇で触っても地面で砕け散っていても『コカ・コーラ』のボトルだとわかるもの」というコンセプト。以外と知られていないガラスボトル誕生の秘話ですね。

 

コカコーラが生まれたのはいつ?

 

「コカ・コーラ」のガラス製のボトルは、1915年11月16日に誕生したわけですが、「コカ・コーラ」そのものは、いつ生まれたのでしょうか。

 

コカコーラが生まれたのは、それよりずっと前のことです。

 

アメリカ・ジョージア州アトランタで、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士は、薬品や飲みものを研究していました。1886年(明治19年)5月、今までにない独自の甘い香りを漂わせるカラメル色のシロップが、ペンバートン博士の手で完成します。

 

その新しいシロップに、友人であり経理担当のフランク・ロビンソンは、響きがよく、覚えやすい”コカ・コーラ”という名前をつけ、さらに美しい飾り文字でロゴを仕立てました。

 

1886年、コカ・コーラが誕生した当時、今ほど水事情が良くなかった当時の米国南部では、炭酸水が嗜好品として楽しまれていました。コカ・コーラは販売当初から炭酸水で割ってつくられていて、ソーダ水を提供するアトランタに4軒あったソーダファウンテンで人びとに販売されたのが始まりだそうです。

 

ペンバートン博士は、この新しい飲みもの”コカ・コーラ”を、グラス1杯5セントで売り出しました。

 

コカ・コーラ誕生の年、1886年に1日あたり9杯の売上げだったコカ・コーラでしたが、それから127年あまり、今では世界中で1日に約19億杯ものコカ・コーラ社製品が飲まれています。すごいですね。

 

いかがでしょうか。身近な「コカコーラ」ですが、そのボトルの形や製造秘話を考えることはあまりないですよね。この身近な黒い炭酸飲料を見るとき、100年以上の歴史に深みが増してきます。

 

明日の話題にいかがでしょうか。

 

気に入ってくださった方は、この記事をブックマークツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります。

  

 

コカ・コーラ流 100年企業の問題解決術 (早川書房)

コカ・コーラ流 100年企業の問題解決術 (早川書房)

 

 

ただいま、ブログ初心者の「節約夫婦」は読者を大募集中です。気に入っていただければ、下のボタンをポチッとしていただければうれしいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑

 

おすすめの記事:

 

にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ